有料アダルトサイト

 

当サイトに訪れていただきましてありがとうございます。

 

管理人のヒゲオヤジです。

 

簡単に私の人物像とエロの経歴をお話ししたいと思います。

 

好きなものはツンと上を向いた形のいいオッパイとJKの制服ミニです。

 

毎日、駅でJKの制服から出ている太ももを見ては、股間を膨らましています。

 

 

AV女優では波多野結衣ちゃんが好きです。

 

最近は年齢的に人妻の作品が多いですが、レジェンド女優として、できる限り出てほしいと思います。

 

美少女系ではFALENO所属の時田亜美ちゃんがお気に入りです。

 

透き通るような白い肌とDカップの巨乳がいいですね。

 

とにかく子供のころから異常に女性に興味があって、いつも頭の中はエロい事ばかり考えていた少年でした。(この年になってもw)

 

経 歴

小6の時

自動販売機のエロ本を買いに行って(年代が判ってしまう(^^;)、緊張でボタンを押す指が震えた事を覚えています。。。

 

当時は今のようなエロ動画なんてものはなかったので、エロ本を片手にオナニーすることくらいしか、性欲の解消がなかったんですよw

 

エロ本は本屋さんにも売っていたのですが、本の全体がサランラップのようなビニールで巻かれていて、中が見られないようになっていたので、立ち読みができませんでした。

 

それをビニ本と呼んでいました。年配者の方には懐かしいですね。

 

中2の時

クラスの友達の家に泊りに行った時、友達のお母さんに襲われて童貞を奪われたのがきっかけで、エロの世界へ入り込んでしまいましたw

 

有料アダルトサイト

 

寝てる布団の中に入って来て、まるで友人の母シリーズのようなシチュエーションですが、30代後半のエロい人妻で、当時は、随分おばさんとヤってしまったなーと思いましたw

 

今なら大歓迎ですけれどもw

 

初体験は、憧れのJKと制服プレイを夢見ていたんですが、せめて女子大生くらいだったらなー。

 

まさか友達のお母さんとは・・・

 

高1の時

クラスの友達と3人で、学校が午前授業の時にストリップ劇場に行き、さすがにまな板ショーの舞台に上がる勇気はありませんでしたが、最前列でかぶりついて見ていました。

 

あ、まさか学生服では行ってませんよ。ちゃんとデパートのトイレで私服に着替えて行きました。(^^;)

 

その日以来もう頭の中はいつもオマンコくぱぁー

 

社会人時代

社会人になって、ナンパしてヤル事しか頭になく、歩く生殖器になっていました。主に六本木のディスコ(またまた年代が判ってしまう(^^;)が主戦場でした。

 

でも今では出会い系があるので、当時の苦労とは天と地の違いです。その頃出会い系があったらどんなに良かったでしょう。

 

違法アダルトサイトの被害

こんな管理人でも一時期、無料のアダルト動画サイトを専門に、毎日毎日パソコンに張り付いて、ヌけるエロ動画を探し回っていたことがありました。

 

クリックすると関係ないサイトに飛んだり、ワンクリ、ツークリにあったり、ある時エロ画像をクリックしたら画面いっぱいに「WARNING」の文字とともに警報音が鳴り響いた時には平常心を失ない、パニックになってしまいました。

 

有料アダルトサイト

 

それからも悪質なサイトに引っかかって、個人情報を抜かれて、クレジットカードで150万円の請求がきたり、パソコンがウィルスの被害にあったりと散々な目に遭い、心身ともに疲れ果ててしまいました。

 

海外の無料エロ動画サイトで動画をクリックすると、ウィルスに感染する恐れがあるため、お勧めできません。リスクしかないということを肝に銘じておきましょう。

 

こんなくだらないことばかりに、貴重で膨大な時間を無駄に過ごしていたものでした。

 

その後しばらく何をするにもやる気がなく、ご飯もノドに通らない状態で落ち込んでいましたが、こんなことではいけないと心機一転!オレにはエロがあるんだと、世の中のエロの仲間たちを元気にするためのエロ情報を発信することにしました。

 

このような経緯から、当サイトは、管理人のような違法アダルトサイトの被害者を出したくないとの思いで立ち上げたものです。

 

最後に

当サイトではアダルトサイトを安全に楽しむために、アダルトサイトの安全性や正しい選び方を解説していますので、こちらをお読みいただければ不安や心配はなくなると思います。

 

当サイトがアダルトサイトを探している人に少しでも役に立ち、楽しいオナニーライフを送ってもらえれば、これ以上の喜びはありません。

 

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。

 

当記事は創作ではありません。
100%事実ですw

 

 

Twitterでフォローしよう